『技術であらわす感謝の気持』をモットーに総合建設で地域に貢献する三浦工務店

品質・環境ISO

ISO9001(品質)に続いてISO14001(環境)を取得(2005年12月)

登録証交付写真
ISO14001登録証交付式の模様(2005年12月)

ISO9001は、国際標準化機構(ISO)が1987年に制定した、全産業に関わる品質管理・品質保証の国際規格です。

同制度では、第三者が企業の品質管理状況を審査し、客観的な評価が得られます。
三浦工務店では、従来より「技術であらわす感謝の気持」を全社方針として、施工からアフターサービスまで徹底した品質管理を実践してまいりました。
その体制を基に、社内規則の統一と効率的な組織運営を図り、2000年12月にISO9002を認証取得し、2002年12月に移行審査を受けISO9001となりました。

ISO14001は、国際標準化機構(ISO)が1996年に制定した、全産業に関わる環境マネジメントシステムの国際規格です。

近年、建設業にとって環境への対応は欠かせない状況となってきています。
そこで三浦工務店では、社員一同ならびに現場で働く協力会社の作業員を含め環境改善活動に取り組み、2005年12月にISO14001を認証取得しました。

ISO9001(品質)とISO14001(環境)登録を更新(2020年10月)

三浦工務店では、ISO9001とISO14001のマネジメントシステムを統合して運用しやすいものを構築し、登録を更新してまいりました。

このたびも更新審査を経て、2020年10月23日に規格への適合を認められました。

今後もお客様に満足していただける建物をご提供できるように徹底した品質管理と、地域環境保全を含め、社会的責任を果たすべく努力してまいります。

ISO9001登録証画像
ISO14001登録証画像
JAB認定及びBL登録マーク画像

ページトップへ↑

ページトップへ↑

ページトップへ↑